血管が浮き出るのは年齢の他にも考えられる原因があります

血管が浮き出るのは、気にするべきケースと気にしなくていいケースがあります。基本的には肌年齢によるもので、肌にハリがあると普段は血管が目立たないのですが、ハリがなくなってくると皮膚も薄くなって血管が浮き出てきます。特に如実に表れると言われているのが手で、外部にさらされている期間が長いために紫外線の影響も受けやすくなり老化しやすくなります。そのため、手の甲は顔のお肌と同じくらい紫外線や保湿対策などに気を使ったほうがいいでしょう。また、頻繁に運動しているかたや痩せているかたは、皮下脂肪が少なく浮き出やすくなります。しかしこれらは気にはなりますがいたって健康ですので気にする必要はありません。注意したい点は、糖分の過剰摂取やストレス、高血圧によるものです。糖分の過剰摂取は血液を流れる成分が糖化されて今いますので目立ちやすくなります。また、ストレスを感じると、心臓にも負担がかかり脳に行く血液も通常より多くなるので浮き出ることがあります。ストレスは末梢に血液が滞りやすくなりますので、目立つことがあります。他にも、高血圧の場合も心臓に負担がかかります。高血圧だけですと大丈夫ですが、静脈圧があがってしまうと、浮き出てしまいます。そのためストレスを抱えている場合はリラックスすることを心がけ、血液の循環を良くすることを意識しましょう。高血圧の場合は生活習慣を見直しながら専門機関で適切なアドバイスをもらうことをおすすめします。
血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?はこちら